一酸化窒素

一酸化窒素

一酸化窒素

一酸化窒素の元素記号はNOで
NOは血管内皮細胞から生産されて
血管内皮機能を調整する役割があります。

NOには血管膨張作用
血小板凝集抑制作用
探求などの白血球が血管内皮細胞に接着、内皮細胞下組織に浸潤するのを防ぐ作用
血管平滑筋細胞の繁殖を抑制する作用
があります。

NOはプロスタイサイクリンと合成酵素を活性化し、
プロスタサイクリンの産生を高めてくれる。
プロスタイサイクリンは血管内皮細胞に直接働き
細胞内のcAMP濃度を上昇させ、NO産生を高めてくれる。
NOとプロスタイサイクリンは相乗効果が期待されます。

ちなみに
NO産生の気質となるL-アルギニンを強化した餌をあたえられたウサギは
血管内皮細胞機能が改善されたという実験結果がある。

15分程度の入浴はNO産生を増加させて毛細血管を新生させる。

性的刺激で陰茎に神経末端で神経型一酸化窒素合成酵素が活性化されます。
産生されたNOは陰茎の神経末端で
短時間で放出し陰茎の血管を膨張させ、陰茎に流入する血液が一時的に増加し
勃起という現象が起こります。
一酸化窒素は血管を傍題させる効果もあり
血流を促す効果がある事から
EDを改善していく上では一酸化窒素が非常に重要な鍵となッてきます。

心筋梗塞の前兆エロチシズムが神経障害