エロチシズムが神経障害

エロチシズムが神経障害

エロチシズムが神経障害

エロティシズムの言葉の語源はギリシャ神話の愛の神エロースの名前です。
エロティシズムは官能愛、人間の性衝動の事だと考えられています。
西洋哲学やキリスト教は愛をを三つに区分しています。
・エロス
・フィーリア
・アガベーです。
この三つのうちで最も自己中心的で、自己絵の配慮に満ちているのが
エロスになります。

エロティシズムは一人で楽しむものではなく
異なる二人の人物が世界でやがて一致すると言う約束の下で成り立っています。
確かにそれは肉体的なものでなければふかのうかもしれません。

宗教としてはエロティシズムは個人を超える創造的な力に直面させる。
それは神や美の観念というよりは
生命や生物学的意味でのセクシュアリティや繁殖といったものです。

聖なるものとして性は余りにもかけ離れたもので魅惑的なものです。
バタイユによると
性は反道徳的というよりは、生命と種の保存の名において
個人的道徳の失効をさせるものであり、
己の中で閉じこもる事を拒むという点において
死と共通するものをもっている。
性衝動は繁殖に無す一樹
自己保存の本能を超える。
個体はやがて滅びるので
繁殖するのではなく
生命が更新される為に個体は滅びなければならない。
生と死反対の意味をなすが
実は生と死は繋がった意味をもつ。

一酸化窒素アンギナの治療薬